本文へ移動

サービスのご案内

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、老人保健法(昭和57年11月施行)を根拠法としていた施設です。
平成12年4月1日の介護 保険法施行に伴い、同法に根拠法が移行しました。
医師を施設長として配置、医療・看護・介護や機能訓練等のサービスを総合的に提供し、利用者の皆様の機能維持・回復、日常生活のお手伝いなどをさせていただきます。
 介護保険法(平成12年4月施行)の対象施設であり、利用の際には保険給付が受けられます。


<参考> 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム等)との違い

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は老人福祉法(昭和38年施行)が根拠法でした。
平成 12年4月1日の介護保険法施行に伴い、同法に根拠法が移行しました。
 常時の介護を必要とする方を対象に、入所などのサービスを提供する施設と定義されています。
施設種別住所医師看護師機能訓練士退所指導
介護老人保健施設
ご自宅常勤
24時間体制常勤
必要に応じて
実施
特別養護老人ホーム
原則的に
施設
非常勤
夜間配置
義務なし
配置義務なし終身利用前提

上記以外の相違点も多々ありますが、よくご質問を受ける内容をまとめました。
 その他ご不明な点につきましては、ご利用の相談の際などにお問い合わせください。

入所サービス

 <入所療養介護>

ご利用の対象となる方

・介護保険の要介護認定にて要介護1以上の認定を受けている方。
・入院治療が必要でない程度に病状が安定している方。

サービス内容

施設に入所していただき、利用者の皆様の機能維持・回復のお手伝いをさせていただきます。
日常的な医療や、医学的管理の下でリハビリテーション、看護、介護サービスを提供します。
管理栄養士を配置し、栄養バランスを考えたお食事の献立となっております。
また毎日を楽しくお過ごしいただくため、随時レクリエーションや行事なども実施いたします。

短期入所サービス

 <短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護>

ご利用の対象となる方

・介護保険の要介護認定にて要支援1以上の認定を受けている方
※介護度に応じて日数の制限(支給限度額)があります。

サービス内容

施設に短期間入所していただき、機能維持・回復のお手伝いをさせていただきます。
日常的な医療や、医学的管理の下でリハビリテーション、看護、介護サービスを提供します。
管理栄養士を配置し、栄養バランスを考えたお食事の献立となっております。
また毎日を楽しくお過ごしいただくため、随時レクリエーションなども実施いたします。
ショートステイとも呼ばれ、ご家族の介護負担軽減のためにもご利用いただけます。

通所リハビリテーション

 <通所リハビリテーション(デイケア)・介護予防通所リハビリテーション>

ご利用の対象となる方

・介護保険の要介護認定にて要支援1以上の認定を受けている方
※介護度に応じて日数の制限(支給限度額)があります。
※お住まいの地域への送迎が可能かどうかは一度ご相談ください。

サービス内容

ご自宅から施設までの送迎をおこない、施設で日中をお過ごしいただきます。
医学的管理の下でリハビリテーション、看護、介護サービスを提供します。
管理栄養士を配置し、栄養バランスを考えたお昼とおやつの献立となっております。
また随時レクリエーションなども実施いたします。
ご家族の介護負担を軽減し、在宅介護を支援いたします。

訪問リハビリテーション

 <訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション>

ご利用の対象となる方

・介護保険の要介護認定にて要支援1以上の認定を受けている方
※介護度に応じて日数の制限(支給限度額)があります。
※お住まいの地域への訪問が可能かどうかは一度ご相談ください。

サービス内容

訪問リハビリテーションは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、利用者のお宅を訪問して、その方の能力に応じて自立した日常生活を営めるよう生活機能の維持又は向上を目指し、リハビリテーションを行うサービスです。

一日の流れ

TOPへ戻る