本文へ移動

施設案内

施設の概要

設置主体社会福祉法人 新潟慈生会
施設長手塚 誠(医師)
建物
鉄骨造 平屋建
建築面積 3,655.51平方メートル
居室
個室 11室 二人部屋 3室 三人部屋 1室 四人部屋 20室
入所定員
100名
通所定員
24名
スタッフ
施設長(医師)
看護師・准看護師
介護職員(介護福祉士、ホームヘルパー2級ほか)
理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)
管理栄養士
支援相談員・介護支援専門員
事務員
面会時間9:00〜20:00
協力病院新潟県立新発田病院

館内のご案内

食堂・ホール

天井が高く、外光もたくさん取り込める設計となっており、とても明るい雰囲気です。
広々としたスペースにテーブルや椅子を設置し、ゆったりと食事ができます。
食事メニューは、管理栄養士が個人個人にあった献立を立て、栄養管理をおこないます。
食堂にはステージを設置することが可能です。
ステージでは、ボランティアの方々による歌や踊りがおこなわれます。

療養室

個室、2人部屋、4人部屋(1室のみ3人部屋があります)の構成で100名の入所が可能です。
部屋はゆったりとし、壁や床の色も明るい雰囲気でお過ごしいただけるよう配慮しております。
また、ベッドは全て電動式となっており、各部屋には洗面台やタンスを設置しています。

浴室

一般浴室
特殊浴室
特殊浴室は、お身体が不自由な方でも安心して入浴できます。
 一般浴室は、階段や手すりが備え付けてあります。

リハビリテーション室

リハビリテーション室では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフが、在宅復帰や在宅生活を支援するためのリハビリテーションを実施しています。リハビリテーションは介護老人保健施設における特徴的なサービスの一つです。
TOPへ戻る